[PR]

 中学生の頃のことだったと思う。友だちの家に遊びに行き、彼の本棚を見てショックを受けた。『金閣寺』『仮面の告白』……三島由紀夫がずらりと並んでいた。赤い背が目に焼きついているので、あれは新潮文庫版だったと思う。当時の私はといえば、星新一に夢中になっている程度。

 普段はそんなそぶりを一切見せない友人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら