[PR]

 シェークスピアの名作劇を宮藤官九郎が演出した「ロミオとジュリエット」(松岡和子訳)が20日夜、東京・下北沢の本多劇場で開幕した。客席に宮藤流の笑いがはじける異色の悲劇だ。初日を観劇した英文学者・東大教授の河合祥一郎さんに寄稿してもらった。

    ◇

 「ロミオとジュリエット」の上演は数々あれど…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら