[PR]

 原子力規制委員会は21日、福井県にある関西電力美浜、大飯、高浜の3原発の火山噴火による降灰量が関電の想定より多かった可能性があるとして、3原発への影響を再評価する方針を決めた。再稼働の前提となる規制委の審査を通った原発で、自然災害の影響評価をやり直すのは異例だ。

 更田豊志委員長は、記者会見で「(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら

こんなニュースも