[PR]

 千葉県印西市の老人ホームで職員らが睡眠導入剤を混ぜた飲み物をのまされ、交通事故死するなどした事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた准看護師、波田野愛子被告(72)の裁判員裁判が21日、千葉地裁で結審した。検察側は「危険な殺人行為」などとして懲役30年を求刑。被告側は殺意を改めて否定し、傷害罪の適…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら