[PR]

 若山牧水は、おおいに酒を飲み、酒の歌を作った。生涯に残した7千首余りの短歌のうち、酒を詠んだものが200首はあると歌人の永田和宏さんが『近代秀歌』で紹介している。〈白玉(しらたま)の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり〉▼門弟によれば、朝2合、昼2合、夜6合の計1升が定量だった。仕事が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも