(評・舞台)「The Silver Tassie 銀杯」 戦場場面、光る造形力

有料会員記事

[PR]

 戦争が若者の運命をどう翻弄(ほんろう)したか。アイルランドの劇作家S・オケイシーが第1次世界大戦を背景に書いた「銀杯」が、森新太郎のイメージ豊かな演出により日本で初演された。残酷さと風刺の笑いもまじえて描いた近代古典だが、物語るブレヒトソング風に挿入される音楽(国広和毅)の効果もあり、グロテスクで…

この記事は有料会員記事です。残り604文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら