出版物への軽減税率、「有害図書」は除外? 適用求める業界、自主規制で例外認める

有料会員記事

[PR]

 来年10月の消費増税に合わせて導入される軽減税率で、出版業界は出版物の税率を8%に据え置くよう求めている。ただ、性的・暴力的な表現で青少年に影響を与える本などについては区別するとし、これについては10%への増税を認めるとしている。出版界が自ら規制に乗り出し、表現の自由を脅かすのかと批判も相次いでい…

この記事は有料会員記事です。残り1007文字有料会員になると続きをお読みいただけます。