[PR]

 ■謎解きのあと、背すじ凍る恐怖

 アガサ・クリスティーやパトリシア・ハイスミスを読みふけっていた昔に戻ったような気がした。「カサブランカ」「暗くなるまで待って」「見知らぬ乗客」……随所にちりばめられた往年の映画のタイトルにも郷愁を誘われた。

 といってノスタルジーにひたるようなミステリーではない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも