[PR]

 ■共感と信頼、米最高裁判事の回想

 今年6月、主に中東諸国からの入国を制限する大統領令が米国最高裁で合憲とされたとき、強く反対したのがソトマイヨール判事だった。これは明白なイスラム敵視政策であり、憲法で禁じられた特定の宗教や民族への差別にあたる。その痛烈な批判の原点を示すのが、この回顧録である。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも