[PR]

 雑誌の休刊・廃刊が相次ぐ時代に、武蔵野地域を見つめ直す雑誌『武蔵野樹林』(角川文化振興財団・1620円)が創刊された。来年は2回発行、2020年からは季刊の予定だ。KADOKAWAは2年後、埼玉県所沢市に新オフィスと本の製造・倉庫機能を集約する構想を掲げる。同振興財団は美術館、博物館、図書館が一体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも