(大志 藤井聡太のいる時代)番外編:4 増田の才気、師匠「2人でタイトル争いを」

有料記事

[PR]

 「序盤は隙がなく、中盤の折衝も強い。才能がある」

 森下卓九段(52)は11年前、小学4年だった増田康宏六段(21)の棋譜を見て、驚いた。

 増田は、羽生善治竜王(48)らが巣立った「八王子将棋クラブ」で腕を上げた。素質を見込んだオーナーの紹介で、森下に弟子入り。翌年、棋士養成機関「奨励会」に入っ…

この記事は有料記事です。残り659文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る