[PR]

 2度目の開催が決まった大阪万博。そのパビリオンの案を政府に提案しようと、1年かけて同世代の学生や建築家と練った。若造たちによる「WAKAZO(ワカゾウ)館」だ。

 京都大医学部の5年生。万博誘致の動きを知ったのは2年前で、精神科医をめざすと決めたころ。「テーマが『いのち』の万博ってどんな?」。漠然…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも