[PR]

 ■シンガー・ソングライター、小説家 さだまさし

 僕にとって歌はテーマが一番重要で、伝えたいメッセージがないと作れない。書くことが決まれば気持ちが動き出す。物語ソングや叙情歌などの立ち位置を決めると、歌の入り口はいっぱいあります。

 1975年の「無縁坂」は母親を客観的に書いた歌。母親が苦労した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも