[PR]

 死刑確定後に別の2件の殺人事件への関与を手紙で告白し、殺人罪に問われた元住吉会系暴力団組長・矢野治被告(69)の裁判員裁判が26日、東京地裁であった。検察側は「手紙の目的は死刑執行の先延ばしで過度に評価すべきではないが、自首が成立する」と述べて無期懲役を求刑。弁護側は無罪を主張し、結審した。判決は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも