[PR]

 東京写真記者協会(新聞、通信、放送など33社加盟)は優れた報道写真に贈る2018年の協会賞と各賞を発表した。朝日新聞社の「生きるための行列、今日も」=写真、杉本康弘撮影=が一般ニュース部門賞(海外)に、「ダブル羽生 がっちり握手」=嶋田達也撮影=が文化芸能部門の奨励賞に選ばれた。杉本記者は2年連続の受賞。協会賞は「復興の色 東日本大震災から7年」(産経新聞)に決まった。「2018年報道写真展」は、12月18日から24日まで東京の日本橋三越本店で、12月27日から1月3日(元日は休み)までは静岡市の静岡伊勢丹で、1月12日から3月24日までは横浜市の日本新聞博物館で開催される。

こんなニュースも