私的損失、日産に転嫁か ゴーン前会長、17億円 特捜部把握

有料会員記事

[PR]

 役員報酬を有価証券報告書に約50億円分少なく記載した疑いで逮捕された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が2008年、私的な投資で生じた約17億円の損失を日産に付け替えていた疑いがあることがわかった。証券取引等監視委員会もこの取引を把握し、会社法違反(特別背任)などにあたる可能性がある…

この記事は有料会員記事です。残り1123文字有料会員になると続きをお読みいただけます。