医薬品の開発などに欠かせない有機化学の合成法を開発した、東京大名誉教授の向山光昭(むかいやま・てるあき)さんが17日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、東京都内の病院で死去した。91歳だった。葬儀は近親者で行った。後日、お別れの会を開く予定。

 長野県生まれ。1973年に開発した有機合成反応「向山アルド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも