[PR]

 中央教育審議会(北山禎介会長)は26日、2040年の大学のあり方について、柴山昌彦文部科学相に答申した。時代の要請に応じて教育内容を柔軟に変えることを求めたほか、少子化が進むなか、大学がそれぞれの強みを生かすために連携・統合しやすい仕組み作りなどを提言した。文科省は今後、必要な法令改正などに取り組…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも