[PR]

 東北から九州にかけて分布する「カヤネズミ」は、体長わずか6センチ前後の野生のネズミだ。オギやススキなどの草が茂る「カヤ原」で暮らしている。

 しかし、宅地開発や河川改修などの影響で国内各地でカヤ原は次々と姿を消し、カヤネズミの生息を脅かす要因となっている。

 京都府南部の丘陵地で10月上旬、カヤネ…

この記事は有料会員記事です。残り1188文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも