[PR]

 40歳以上のシングルに出会いの場を提供する朝日新聞社の会員制サービス「Meeting Terrace」(ミーティングテラス)は11月17日、東京の下町、深川にあるワイナリーなどで交流会を開いた。

 会場は、東京都江東区の門前仲町駅から500メートルほどの住宅街にある、広さ約90平方メートルのワイン醸造所「深川ワイナリー東京」と、この醸造所でできたワインと食事を楽しめる駅前のビル屋上にある「深川ワインガーデン」。会員の男女27人が参加した。

 深川ワイナリー東京は2016年6月に開業。参加者は正午に集合し、醸造所を見学したり併設の「テイスティング・ラボ」で試飲をしたり。甘酸っぱい香りに包まれる醸造所には、ブドウの実と茎、枝を分ける除梗(じょこう)・破砕機やプレス機、2千リットルと千リットルの計7基のステンレス製の醸造タンクが所狭しと並ぶ。醸造責任者の上野浩輔さん(46)がパネルなどを手に製造工程を説明した。

 タンクごとに異なるワインを生産し、ワインリストは頻繁に書き替わる。この日は、山梨や山形のデラウェア、豪州産のシャルドネ、カベルネ・ソービニヨンなどの赤白10種類がリストアップされていた。

 参加者は、新鮮な果実の味わいが特徴の辛口赤ワイン「長野コンコード+山形マスカットベリーA 無濾過(ろか) 微発泡」を試飲した。地域の異なるブドウをそれぞれ発酵、熟成した後、出来上がった2種類をアッサンブラージュ(ブレンド)し、瓶内で2次発酵させ、約6千本つくった。上野さんは「産地・特徴の違うワインを一つにしたら、酸味とコクを補い合う東京ならではのワインができた」。

 午後1時、今年7月にオープンした深川ワインガーデンに移動。開放感あふれる青空のもと、ワイン3種などとともにコース料理を楽しんだ。5回の席替えをはさみ、午後3時過ぎに終了。もっと話したいと思った相手の番号と自分の連絡先をメッセージカードに記入し、スタッフに手渡した。

 初参加の公務員の男性(40代)は「おいしいものを飲んだり食べたりするのが好きで来ました。色々な人と話しつつ、気になった人にアプローチできるカードの仕組みがよかったです」。10回以上参加している自営業の女性(50代)は「ワインは野性味のある特徴的な味がして、こだわりを感じた。飲めば飲むほど話が進みました」と話していた。(上江洲仁美)

 ◆深川ワイナリー東京

 東京都江東区古石場1の4の10(電話03・5809・8058)。試飲スペースは午後1~5時(土日祝は午前10時~午後5時)。20ミリリットル(100円)から試飲できる。アラカルトで食事ができるバータイムは午後5~10時。

 ◆深川ワインガーデン

 東京都江東区門前仲町2の10の1スーパー赤札堂深川店屋上(電話03・5875・8370)。ディナー午後5時~9時半。土日祝はランチ(正午~午後3時)も。19年2月以降の営業は未定。

 <1周年キャンペーン 10日まで、入会金お得>

 ミーティングテラスは、朝日新聞社運営の会員制サービスです。首都圏で40~65歳のシングルの方々に、イベントを通じた出会いの場を提供しています。

 ■1周年キャンペーン実施中

 サービス開始から1周年を記念したキャンペーンを実施中です。12月10日まで。通常3万9800円(税別、ウェブからの申し込みの場合)の入会費が2万円になります。男性は、公式サイトから期間中に申し込み手続きを完了された方、女性はご入会再開通知に登録された方が対象です。独身証明書は、その後の到着でも構いません。

 ■無料説明会・相談会開催中

 加入を検討中の方向けに無料説明会・相談会を実施中です。サービス内容やイベントの雰囲気をお伝えし、不安や質問にお答えします。女性は希望者多数につき入会制限中で、段階的に入会いただいています。

 ■問い合わせ先

 詳しくはサイト(https://meetingterrace.jp/別ウインドウで開きます)で。質問はサイト内お問い合わせフォーム(https://meetingterrace.jp/inquiry/別ウインドウで開きます)または電話(050・6861・0010、平日午前10時~午後5時/土日祝正午~午後5時)で。

こんなニュースも