[PR]

 中央教育審議会が26日、2040年の大学のあり方について、柴山昌彦文部科学相に答申した。特徴の一つは、大学が特色を出しつつ、生き残るために3種類の連携・統合の仕組みを提言したことで、文科省は今後、法令改正などを進める。ただ、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」では、いずれの仕組みも「わ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも