[PR]

 なぜ、年をとると病気が治りにくくなるのか。原因のひとつに考えられているのが「炎症」だ。

 炎症は、ケガをしたときに皮膚が腫れたり、熱をもったりするような体の反応。血管が拡張して血流が増え、白血球が集まって、細菌や壊れた細胞を片付ける。ケガが治る過程で起こる体を守る反応だ。

 一方、体のなかで、過剰…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも