[PR]

 今から四十八年前の一九七〇年十一月二十五日、三島由紀夫は自衛隊市ケ谷駐屯地で割腹自殺した。金井美恵子はエッセイ「首の行方、あるいは……」(文学界十二月号)の中で、「日本のみならず世界に大きな衝撃を与え、文学や思想とはほぼ縁のないものも含めてあらゆる雑誌メディアが三島の特集を組んだほどの事件」がこの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも