[PR]

 神田さんが持っていたカーネーションの花束は、父の遺骨への供花だった。

 私はなんとか平静さを保って「それはどうも、恐れ入ります」とお礼を言ったが、西条さんは目を丸くして「カーネーションですか?」と返した。「ちょっと、かなり珍しいチョイスですよね」――まだ紹介もすませていないのに、物怖(ものお)じし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも