[PR]

 政府は年末に改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」に事実上の「空母」の導入を盛り込む方向で調整に入った。海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の改修を念頭に、垂直着艦できる米国製の戦闘機F35Bの運用を想定。太平洋の島を守るという安全保障上の理由を掲げる考えだが、憲法に基づく「専守防衛」が空洞化することに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも