[PR]

 憲法改正を問う国民投票のテレビCM規制の是非をめぐり、立憲民主党が27日、日本民間放送連盟(民放連)のヒアリングを行った。立憲は、投票の公平性を期すため賛否両派のCMの量のバランスをとる自主規制を放送界に求めたのに対し、民放連側は表現の自由などを理由に反対し「(広告主となる)政党の側で自主規制すれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも