[PR]

 朝日新聞の先日の世論調査で、来年秋に予定される消費税率の引き上げに「賛成」とする回答が4割を超えた。「反対」の5割との差が縮まった。

 税収の増加をいま図らなければ、子や孫の世代は社会保障の減額が避けられない。世代間の格差是正のため、消費増税の趣旨にも一定の理解が得られ始めたということだろう。

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも