[PR]

 出入国管理法(入管法)改正案が27日、衆院本会議で可決された。主要事項の多くが法成立後に決まるため、野党は「白紙委任法だ」と批判。山下貴司法相の不信任決議案を提出するなど抵抗したが、与党は委員会採決を強行した。▼1面参照

 「起立多数」。野党議員に取り囲まれた葉梨康弘・衆院法務委員長(自民)が叫…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも