[PR]

 災害時の避難のあり方を検討している政府の中央防災会議は27日、作業部会で報告書の素案を示した。リスクの高まりに応じ、今ある情報を5段階の警戒レベルに分けることを盛り込んだ。レベルごとに住民がとるべき行動を示し、わかりやすい情報発信で避難につなげたい考えだ。

 7月の西日本豪雨では、自治体の避難情報…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも