ゴーン前会長捜査「宗教裁判」 米WSJ社説、透明性に疑義

有料記事

[PR]

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が約50億円の役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとして東京地検特捜部に逮捕された事件について、米紙ウォールストリート・ジャーナルは27日の社説で、「宗教裁判」だと批判した。

 同紙は、検察によるゴーン前会長の取り調べに弁護士が同席できず、疑惑…

この記事は有料記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント