ロシア疑惑、ウィキリークスと接触 トランプ選対幹部、選挙前に英で3回 英紙報道

有料記事

[PR]

 英紙ガーディアンは27日、2016年の米大統領選でトランプ氏陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォート被告が過去3回にわたり、内部告発サイト「ウィキリークス」のジュリアン・アサンジュ代表とロンドンで極秘に面会していたと報じた。

 ウィキリークスは大統領選中、ロシアがハッキングで入手したとされる民…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り505文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント