(福岡伸一の動的平衡)紅葉、人の思いはよそに

有料会員記事

[PR]

 この季節、大学の構内で落ち葉を拾うことにしている。黄色のイチョウを一枚、真紅のモミジを一枚、緑と褐色が混ざったサクラを数枚。それを研究室の机の窓辺にならべる。すると殺風景な部屋にちょっとだけ明かりが灯(とも)る。秋が深まるとどうして樹々(きぎ)は葉を落とすのか。

 11月に突然の大雪が降った年があ…

この記事は有料会員記事です。残り424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載福岡伸一の動的平衡

この連載の一覧を見る