[PR]

 超党派の若手議員による「若者政策推進議員連盟」(会長・牧原秀樹自民党衆院議員)は28日、自民党の岸田文雄政調会長ら各党の政策責任者に、選挙に立候補できる年齢を18歳に引き下げることを検討するよう求める提言をした。提言は、若者の団体との意見交換を踏まえてまとめられた。立候補に必要な供託金についても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも