[PR]

 お祭りみたいな人でした。周りをぱあっと明るくする華と同時に孤独と悲哀も背負っていた。歌舞伎の冬を経験したから、劇場を満杯にしても「客席ガラガラの悪夢」を見続けた。「お客様を裏切っちゃいけない」。開演迫る化粧前での横顔は、時に話しかけられぬほど厳しかった。

 11月の新派公演「犬神家の一族」では歌舞…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも