[PR]

 ■奈良文化財研究所研究員

 中世以降の古文書と異なり、古代の木簡の文字は今の楷書に近い書きぶりのものが多く、一般の方々にも親しみやすいかと思います。

 ですが、木簡の文字の判読には独特の難しさもあります。例えば、欠損により文字が一部しか残っていない場合。こんな時は、残画や前後の文字から欠失部分を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも