[PR]

 水道法改正案を審議している参院厚生労働委員会で29日午前、参考人質疑があった。争点は水道事業を「民営化」しやすくする制度変更で、有識者から営利企業が運営を担う弊害への指摘が相次ぎ、午後の質疑でも質問が集中した。

 今回の民営化の手法は「コンセッション方式」と呼ばれ、自治体が公共施設の所有権を持った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも