[PR]

 内戦が続く母国シリアには、いまだ表現の自由がない。

 ダマスカスの芸術大生だった頃、週1回、友人と映画を批評するクラブをつくった。初回は黒沢明の「羅生門」が題材だったが、間もなく治安当局から尋問された。「内容ではなく、若者が集まって活動することが警戒された」

 劇作家として活動していた2011年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも