木枯らし1号、都心では吹かず 39年ぶり観測なし 気象庁、暖冬を予想

有料記事

[PR]

 冬の訪れを告げる「木枯らし1号」。東京では今年、発表されなかった。11月末までに条件に当てはまる風が未観測だったためだ。記録が残る1951年以降、都心で発表がなかったのは79年以来、39年ぶりで計5度目。

 気象庁は例年、10月半ばから11月末の間に冬型の気圧配置になったうえで、西北西~北からの風…

この記事は有料記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。