(大志 藤井聡太のいる時代)飛躍編:1 プロ初戦、「神武以来の天才」に快勝

有料記事

[PR]

 「私の引退直前に彼が現れた。彼の登場が遅れていたら、今とは違う将棋界になっていたでしょう」。「ひふみん」の愛称で知られる加藤一二三(ひふみ)九段は、そう語る。「彼」とは、藤井聡太七段のことだ。

 2016年12月24日。当時14歳の藤井はプロ初戦に臨んだ。竜王戦の予選1回戦。相手の加藤は現役最年長…

この記事は有料記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント