[PR]

 ゲノム編集で受精卵の遺伝子を改変し、世界で初めて双子の女児を誕生させたとする中国の研究者の発表を受け、日本遺伝子細胞治療学会などの4学会は4日、共同声明を発表した。受精卵のゲノム編集は、改変の影響が世代を超えて続くため、人類の多様性や進化にも影響する重大な事態が懸念されるとし、「臨床応用は禁止すべ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも