[PR]

 教員の長時間勤務が問題となるなか、過労死した教員の遺族や教育学者らが4日、文部科学省と厚生労働省を訪れ、教員の給与制度の改善を求める約3万2550筆の署名を提出した。教員の働き方改革を議論している中央教育審議会の部会は6日に答申案を示す予定だが、給与制度の抜本的な改正に向けた議論は進んでいない。

こんなニュースも