[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのドーピング検査体制を強化するため、「日本スポーツフェアネス推進機構」が来年度新設される。疑わしい競技を重点的に調べる国際基準に対応するための試みで、競技の枠組みを超えて年間の検査指針を作ることになった。

 これまでの日本の検査体制は各競技団体が個別に計画を作り…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも