[PR]

 どうせ分かってもらえない。人間ってこんなものと思い込んでいる人の強さというか。

 (五木寛之)

     ◇

 小説で凝視したいものはそこにあると、作家はいう。少年時代、平壌から引き揚げる時に同胞らはソ連兵の脅迫に屈し、女性二人を差し出した。朝ボロボロになって帰ってきた二人。同胞らは子どもたちに「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも