[PR]

 国内景気の拡大は年明けに戦後最長を更新する見通しだ。しかし、その後も見据えた先行きについては、腰折れの懸念が高まっていることが朝日新聞の100社アンケートで分かった。来秋に予定される消費増税や、再来年夏の東京五輪にかかわる特需の落ち込み、米中対立をはじめとする保護主義の影響が心配されている。▼1面…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも