(終わりと始まり)賑やかな手話 文学こそが壁崩す営み 池澤夏樹

有料記事

[PR]

 11月下旬を中心に「ヨーロッパ文芸フェスティバル/国際文芸フェスティバル TOKYO」が開催された。ヨーロッパから作家や出版人を多く招いて、なかなかの盛況だった。

 四十近い数のイベントの最後に、閉会式がベルギー大使館で開かれた。呼ばれるままに出席してみる(つい最近ぼくは自分の文章の中で、「世界を…

この記事は有料記事です。残り1778文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。