[PR]

 生き物の遺伝情報を効率よく変えられる「ゲノム編集」を使った食品をめぐり、厚生労働省の調査会は5日、目的の遺伝子を切って機能を失わせる場合は規制の対象外とする方針案をまとめた。自然界でも遺伝子が突然変異で欠落することがあるためだが、問題が起きたときに速やかに対処できるよう開発者に届け出を求める。今後…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも