[PR]

 政府は外国人労働者の受け入れ拡大と併せて、法務省の入国管理局を「出入国在留管理庁」に格上げする方針で、臨時国会では関連法案の審議が続いている。実現すれば、外国人労働者を雇用する企業などへの監督を行い、外国人の生活支援策を充実させるための「司令塔」ともなる。ただ、同じ役所が「管理」と「支援」の双方を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも