[PR]

 安倍晋三首相が公言してきた自民党の「改憲4項目」の国会提示が来年以降に持ち越される情勢となった。首相の前のめりな「改憲シフト」が裏目に出た形で、統一地方選や参院選を控えるなか、同党が描いてきた改憲日程の見直しが迫られる展開となっている。▼1面参照

 ■野党、反発し硬化

 衆院憲法審査会の与党幹事…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも