[PR]

 10月に行われた学生柔道の全国大会で誤審があったとして、全日本柔道連盟が試合を裁いた主審に対し、事実上の降格と2カ月の資格停止処分を科したことが全柔連関係者への取材でわかった。副審ら3人も2カ月の資格停止処分とした。

 誤審があったのは全日本学生体重別団体優勝大会の男子準決勝。日体大と国士舘大の中…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも