[PR]

 韓国の光州高裁は5日、戦時中に女子勤労挺身(ていしん)隊員として名古屋市の飛行機工場に動員された女性3人と遺族1人が三菱重工業を相手取って損害賠償を求めた訴訟で、同社の控訴を棄却し、それぞれ1億~1億5千万ウォン(約1千万~1500万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。

 韓国の大法院(最高裁)…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも